Essay/Column/Diary

新型 N-ONE もはや軽ではない

|
〇N ONE4.JPG

新しいN-ONEのPremiumに乗る機会があった。
オーナーは、この前の初代N-ONE (JG1/2型)から再び2代目のN-ONE(JG3/4型)に乗り替えたという、ホンダにとっては有難いユーザーであろう。
丁度、私も、その両方に乗らせて貰ったので、新旧N-ONEの違いもよく判った。

東海道本線 by Nゲージ

|
〇P1120354 (2).JPG

1950~60年頃の東海道本線の駅をイメージした写真が撮れた。

子供の頃、夏休みになると住んでいた京都から静岡の親戚に毎年行っていて、それが夏休みの楽しみであった。
それは、静岡に向かう列車に乗るところから楽しみの世界が始まる訳で、毎年行くので途中の景色さえ覚えてしまうほどであった。
無論、写真のような特急列車などではなく、EF58の牽く普通列車で行くので、鈍行ゆえに長い時間をかけて乗っており、東海道線の雰囲気を覚えてしまっていた。
子供の頃に受けた印象は何かと強く、鉄道趣味の意識の基にもなっているようだ。

ハチドリ

|

□DSC01146 (5).JPG

前回、カワセミを紹介したが、その小鳥繋がりで思い出したことがある。
いや、そんなに鳥が好きな訳ではないのだが、
それでも見つけると嬉しくなるような鳥があった。
日本では見ることが出来ない鳥だ。

カワセミ

|

〇散歩道2 (2).JPG

私の住む鈴鹿には「青少年の森」という、大きな公園がある。
いつも整備が行き届いていて気持ちの良い公園である。
少し暖かな日には、この公園でウオーキングをする。
先日も家内と歩きに行った。

ダリ展

|

〇入口1.JPG

三重県立美術館で開催されたダリ展に行ってきた。
いつの日からか、ダリに非常に興味を持ってしまった。

鈴鹿周辺の鉄道 その2

|

〇30亀山駅全景.jpg

関西本線の亀山駅だ。
亀山市は鈴鹿市の西隣にあたる。
亀山駅はJR東海とJR西日本との境界駅になる。
また、JR東海の紀勢本線の起点駅でもある。
写真は、一番左のホームに紀勢本線のキハ25が停まり、中ほどに紫色の顔が少し見えるのがJR西日本のキハ120、右側の2編成はJR東海のモハ313系が停まっている。

新年おめでとうございます

|

2021賀状HP用鈴松庵文字入り.jpg

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

鈴鹿周辺の鉄道 その1

|

〇1鈴鹿市駅.jpg

昭和の香りを残す近鉄鈴鹿線の鈴鹿市駅。
さて、私の住む三重県の鈴鹿市は人口20万人の地方都市である。
一見、不便な地域に思えるかも知れないが、意外と鉄道に関しては色々な列車を見ることが出来るので、少し紹介したい。

“トワイライト・クルージング”

|

〇トワイライトストレート走行.jpg

私が所属する「NPO法人 鈴鹿モータースポーツ友の会」の一寸宣伝になるかも知れない。
これまでにも当会のことは、このコラムで紹介してきているが、今年は後半に色々なイベントが集まり、少し忙しかった。
写真は先日行った会員対象のイベントで、鈴鹿サーキットを夕刻にゆっくり走る“鈴鹿サーキット体験走行トワイライト・クルージング”の模様だ。
因みに、先頭の車は何でしょう? 

久しぶりの”ツインリンクもてぎ”

|

〇ホテル入り口.jpg

2年ぶりに栃木県にあるサーキット”ツインリンクもてぎ”に行ってきた。
今も、スーパーFJという入門フォーミュラに関係する仕事をしていて、そのスーパーFJ日本一決定戦が鈴鹿サーキットとツインリンクもてぎで毎年、年末に交互に開催される為である。

Profile

☆畑川 治 1947年生まれ
レースアドバイザー
趣味: 運転、旅行、鉄道、その他

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 4.01